COMPANY

社名

WONDER VISION TECHNO LABORATORY株式会社

代表取締役

齊藤 四方司

資本金

3,000万円

設立

平成27年2月

所在地

本社 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-10-2 4F

スタジオ 〒143-0014 東京都大田区大森中2-15-11

事業内容

半球型ドームスクリーンSphere5.2の販売及びレンタル運用

4K/8K映像コンテンツ制作

最先端映像及びイベント企画制作におけるコンサルティング

ドームスクリーン投影デモストレーション

VR体験デモストレーション

PRODUCT DEVELOPER

田村 吾郎 / Product Developer

アートディレクター/クリエイティブプロデューサー/RamAir.LLC代表/東京工科大学デザイン学部講師/博士(美術)

2002年、東京芸術大学美術学部デザイン科卒業。2007年、同大学院美術研究科博士後期課程修了(2006年、ソウル大学にて研究活動)、博士号取得(美術)。東京芸術大学美術学部非常勤講師を経て、2010年より東京工科大学デザイン学部専任講師。

主な専門領域としては
1:企業、団体、アーティストなどのブランディング
2:広告、映像などのディレクション
3:オペラや舞台の演出
4:アウトリーチやワークショップなどの教育文化活動
5:装置、機器、技術などの企画・設計・開発
の5つで、これらの領域の経験を横断的に活かし、WV Sphere5.2の開発を行っている。
また、シミュレーターや体験装置の開発にあたっては、自身のレーシングカー(フォーミュラー、ツーリングカー、レーシングカートなど)運転の経験などを活かした高いリアリティを演出している。

主な実績としては、「六本木ヒルズWhite Walk(森ビル、2014年)/アートディレクション」、「日本フィルハーモニー交響楽団 西本智実×田村吾郎 MPSシリーズ(サントリーホール、2013~14年)/アートディレクション、演出」、「佐藤俊介の現在(いま)(彩の国さいたま芸術劇場2015)/演出」、「ヤマハミュージックジャパン×福川伸陽 PV(2016年)/監督」など。